PR

穴場も紹介!世界遺産トップ10:歴史と魅力、訪問ポイント徹底解説

有名な世界遺産のコラージュ(エッフェル塔、ギザのピラミッド、グレートバリアリーフ、グランドキャニオン、マチュ・ピチュ、アンコール・ワット、イグアスの滝、タージ・マハル、モアイ像、アクロポリス)を鮮やかに描いた画像。中央に「穴場も紹介!世界遺産トップ10」というタイトルが表示されている。 海外の世界遺産

世界には数多くの美しい世界遺産がありますが、その中でも特に有名で多くの人々に愛されている遺産があります。
本記事では、エッフェル塔やピラミッド、グレートバリアリーフなどの世界的に有名な世界遺産を10個ピックアップし、それぞれの歴史、特徴、訪問のポイントについて詳しく解説します。

また、有名な遺産だけでなく、観光客にはまだあまり知られていない穴場の世界遺産もご紹介します。これらの遺産を通じて、世界の多様な文化と自然の魅力を再発見してみましょう。

 

世界で最も有名な世界遺産トップ10の歴史と特徴
各世界遺産の訪問のポイントと見どころ
隠れた名所としてのシーギリヤロックの詳細
隠れた名所としてのプラディエールのローマ劇場の詳細

 

 

最も有名な世界遺産ベスト10

世界には数多くの美しい世界遺産が存在し、その中でも特に有名で多くの人々に愛されている遺産があります。

この記事では、世界中から厳選された最も有名な10の世界遺産を紹介します。これらの遺産は、それぞれの国や地域の歴史と文化を象徴しており、訪れる価値が十分にあります。

エッフェル塔やピラミッド、グレートバリアリーフなど、誰もが一度は聞いたことがある名所について、その歴史、特徴、訪問のポイントを詳しく解説します。

 

1位:エッフェル塔(フランス)

歴史

エッフェル塔は、1889年のパリ万博のために建設されました。

この塔は、建設当時、世界で最も高い建造物として注目を集めました。設計者であるギュスターヴ・エッフェルの名前を冠したこの塔は、当初は一時的な建造物として計画されていました。

しかし、その革新的なデザインと技術により、パリ市民の心をつかみ、今日まで残されています。エッフェル塔は、フランスの産業力と技術の象徴として、世界中から訪れる観光客を魅了し続けています。

特徴

エッフェル塔は、高さ324メートルの鉄製の塔で、3つの展望台を持っています。

塔のデザインは、当時の技術の限界を試すものであり、その構造は非常に軽量でありながら強度を保つことができます。夜には美しいライトアップが施され、パリの夜景を一層華やかにします。

塔の構造自体が芸術作品とされ、建築史において重要な位置を占めています。

訪問のポイント

エッフェル塔の訪問では、まず第1展望台(57メートル)、第2展望台(115メートル)、そして最上階の第3展望台(276メートル)からパリの全景を楽しむことができます。

チケットはオンラインで事前に購入することをお勧めします。特に夏の観光シーズンには、混雑を避けるための事前予約が重要です。塔の周辺には、美しい公園やカフェもあり、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

また、夜のライトアップされたエッフェル塔は、昼間とは違ったロマンチックな雰囲気を楽しむことができます。

1位に選ばれた理由

エッフェル塔は、世界中で最も認知度が高いランドマークの一つであり、その美しさと技術的な偉業から、多くの人々に愛されています。

また、パリの象徴として広く知られ、観光地としての魅力も非常に高いため、1位に選ばれました。

パリのエッフェル塔は、その美しい鉄製構造で世界中の旅行者を魅了しています。

2位:ピラミッド(エジプト)

歴史

エジプトのギザに位置するピラミッドは、古代エジプト文明の象徴であり、最も有名な遺跡の一つです。

特にギザの大ピラミッドは、紀元前2580年から2560年頃に建設されたクフ王の墓として知られています。このピラミッドは、約20年間かけて建設され、当時の技術と労働力の結晶とされています。

ピラミッドの建設には、約230万個の石灰岩が使用され、それぞれの石の重さは2.5トンから15トンに及びます。

特徴

ギザのピラミッド群は、クフ王の大ピラミッド、カフラー王のピラミッド、メンカウラー王のピラミッドの3つから構成されています。

これらのピラミッドは、それぞれの王の権威と富を示すために建てられました。

大ピラミッドは、底辺の一辺が約230メートル、高さが約146メートルで、かつては世界で最も高い人工構造物でした。ピラミッドの内部には複雑な通路と部屋があり、その設計には高度な数学的知識が用いられています。

訪問のポイント

ピラミッドを訪れる際には、まずギザ高原を訪れ、ピラミッド群全体の壮大な景観を楽しむことができます。ピラミッドの内部を見学することも可能で、特に大ピラミッドの王の間は必見です。

また、スフィンクスもピラミッドの近くに位置しており、その巨大な姿は圧倒的です。訪問時期としては、気温が比較的穏やかな冬(11月から2月)が最適です。

また、早朝や夕方に訪れると、混雑を避けることができ、よりゆったりと見学することができます。

2位に選ばれた理由

ピラミッドは、古代世界の七不思議の一つとして広く知られており、その歴史的価値と壮大さから、多くの人々を魅了しています。

また、古代エジプト文明の象徴として、その建設技術や歴史的意義が非常に高いため、2位に選ばれました。

ギザのピラミッドは、古代エジプト文明の驚異的な建築技術を示しています。

3位:グレートバリアリーフ(オーストラリア)

歴史

グレートバリアリーフは、約2万5000年前に形成された世界最大のサンゴ礁系です。

この広大なサンゴ礁は、オーストラリア北東部の海岸に沿って約2300キロメートルにわたって広がっています。1981年にユネスコの世界遺産に登録され、その後も継続的に保護と研究が行われています。

近年では、気候変動や海洋汚染などの影響を受けており、その保護活動がますます重要視されています。

特徴

グレートバリアリーフは、400種類以上のサンゴ、1500種類以上の魚類、そして4000種類以上の軟体動物が生息する、生物多様性の宝庫です。

また、絶滅危惧種の海洋生物も多く見られ、海洋生態系の保護において非常に重要な役割を果たしています。

透明度の高い海と色とりどりのサンゴ礁は、ダイバーやスノーケラーにとって魅力的なスポットとなっています。

訪問のポイント

グレートバリアリーフを訪れる際は、ケアンズやタウンズビルなどの都市からツアーを利用するのが一般的です。

特にケアンズからのクルーズツアーは人気で、日帰りから数日間の滞在までさまざまなプランがあります。

ダイビングやスノーケリングを楽しむだけでなく、ガラスボトムボートやヘリコプターツアーも提供されており、異なる視点からサンゴ礁を楽しむことができます。

また、訪問時期としては気温が穏やかで海の透明度が高い5月から10月が最適です。

3位に選ばれた理由

グレートバリアリーフは、その圧倒的な規模と生物多様性、そして美しい海洋景観から、世界中の自然愛好者や観光客にとって魅力的なスポットです。

また、地球環境の保護においても重要な役割を果たしているため、3位に選ばれました。

グレートバリアリーフは、その色とりどりのサンゴと豊かな海洋生物で有名です。

 

4位:グランドキャニオン(アメリカ)

歴史

グランドキャニオンは、数百万年にわたるコロラド川の浸食作用によって形成された壮大な渓谷です。

アメリカ合衆国アリゾナ州に位置し、その歴史は約20億年前の地質時代に遡ります。1919年に国立公園に指定され、1979年にはユネスコの世界遺産に登録されました。

グランドキャニオンは、先住民族の歴史や文化とも深く関わっており、多くの遺跡や岩絵が発見されています。

特徴

グランドキャニオンは、全長446キロメートル、幅29キロメートル、深さ1600メートルに及ぶ巨大な渓谷で、壮大な景観と多様な地質学的特徴を持っています。

カラフルな岩層が織りなす地層のパターンは、地球の歴史を物語る自然の教科書とも言えます。

特に朝日や夕日の時間帯に見られる光景は圧巻で、多くの観光客がその美しさに魅了されます。

訪問のポイント

グランドキャニオンの訪問では、サウスリムとノースリムが一般的な観光エリアとなっています。サウスリムは年間を通じてアクセス可能で、ビジターセンターや展望台、ハイキングコースなどが充実しています。

特に人気のハイキングコースには、ブライトエンジェルトレイルやサウスカイバブトレイルがあります。一方、ノースリムは冬季に閉鎖されるため、訪問可能な時期は限られますが、静かで自然豊かな環境を楽しむことができます。

ヘリコプターツアーやラフティングなどのアクティビティも充実しており、様々な方法でグランドキャニオンの壮大さを体験できます。

4位に選ばれた理由

グランドキャニオンは、その圧倒的な自然美と地質学的な重要性から、多くの観光客にとって魅力的なスポットです。

また、先住民族の歴史や文化とも深く関わりがあるため、訪れる人々に深い感動を与える場所です。これらの理由から、グランドキャニオンは4位に選ばれました。

アメリカのグランドキャニオンは、その壮大な景観と地質学的な重要性で知られています。

5位:マチュ・ピチュ(ペルー)

歴史

マチュ・ピチュは、ペルーのアンデス山脈に位置する古代インカ帝国の都市遺跡です。15世紀にインカ皇帝パチャクテクによって建設されたとされています。

スペインの侵略を逃れるために廃棄され、長い間忘れ去られていましたが、1911年にアメリカの探検家ハイラム・ビンガムによって再発見されました。

その後、1983年にユネスコの世界遺産に登録され、ペルーの象徴的な観光地となりました。

特徴

マチュ・ピチュは、標高約2430メートルの山頂に位置し、その景観は息をのむ美しさです。

遺跡は、石造りの建築物群、農業用の段々畑、宗教的な神殿などで構成され、インカ文明の高度な建築技術と農業技術を示しています。

特に有名なのは、太陽の神殿やインティワタナと呼ばれる日時計のような石の儀式用具です。

訪問のポイント

マチュ・ピチュへのアクセスは、クスコからの列車またはインカ・トレイルを使ったトレッキングが一般的です。

トレッキングルートは数日間にわたるハイキングとなり、自然と歴史を同時に楽しめる貴重な体験ができます。

マチュ・ピチュ村(アグアス・カリエンテス)に滞在し、早朝に遺跡を訪れることで、混雑を避けつつ朝日を浴びる遺跡の美しさを堪能できます。

また、ワイナ・ピチュ山に登ると、マチュ・ピチュ全体を見渡す絶景が楽しめます。

5位に選ばれた理由

マチュ・ピチュは、その壮大な景観とインカ文明の歴史的遺産としての価値から、世界中の旅行者にとって必見のスポットです。

山頂に位置する遺跡の美しさと歴史的意義が評価され、5位に選ばれました。


6位:アンコール・ワット(カンボジア)

歴史

アンコール・ワットは、12世紀にクメール帝国のスーリヤヴァルマン2世によって建設された、ヒンドゥー教の寺院複合体です。

元々はヒンドゥー教の神ヴィシュヌに捧げられた寺院でしたが、後に仏教寺院としても使用されました。アンコール・ワットは、その壮大な規模と精緻な彫刻で知られており、1992年にユネスコの世界遺産に登録されました。

特徴

アンコール・ワットは、世界最大の宗教建築として広く認知されています。

寺院は3層のテラスと中央の塔から構成され、全体が約1.5平方キロメートルの面積を持ちます。特に有名なのは、壁一面に施された神話や歴史を描いたバサ・レリーフです。

日の出や日の入りには、寺院のシルエットが美しく浮かび上がり、幻想的な風景を作り出します。

訪問のポイント

アンコール・ワットへの訪問は、カンボジアのシェムリアップを拠点とするのが一般的です。

早朝に訪れることで、観光客の少ない静かな時間に寺院の美しさを堪能できます。また、周辺には他にも多くの遺跡が点在しており、アンコール・トムやタ・プロームなども訪れる価値があります。

遺跡群を巡るには、自転車やトゥクトゥクを利用すると便利です。さらに、訪問前に少し歴史を学んでおくことで、遺跡の見どころや背景をより深く理解できます。

6位に選ばれた理由

アンコール・ワットは、その壮大な規模と精緻な建築、美しい彫刻で世界中の旅行者を魅了しています。

クメール文明の象徴としての歴史的価値も高く、訪れる価値が十分にあるため、6位に選ばれました。

7位:イグアスの滝(アルゼンチン・ブラジル)

歴史

イグアスの滝は、数千年前に形成された自然の奇跡です。

パラナ川の支流であるイグアス川が突き当たる崖によって形成されたこの滝は、アルゼンチンとブラジルの国境に位置しています。

1541年にスペインの探検家アルバル・ヌニェス・カベサ・デ・バカによって発見されました。1984年にはユネスコの世界遺産に登録され、その壮大な景観が世界中の旅行者を魅了しています。

特徴

イグアスの滝は、幅2.7キロメートル、高さ80メートルに及ぶ275の個々の滝から構成されています。

滝の最大の見どころは、デビルズ・スロート(悪魔の喉笛)と呼ばれる巨大なU字型の滝です。ここでは、滝の水量が最も多く、その迫力ある景観は圧巻です。

また、周辺の熱帯雨林には多様な動植物が生息しており、豊かな生態系を形成しています。

訪問のポイント

イグアスの滝への訪問は、アルゼンチン側とブラジル側の両方からアクセス可能です。

アルゼンチン側では、滝の近くまで歩道が整備されており、滝の上部と下部から迫力ある景観を楽しむことができます。

一方、ブラジル側からは全体のパノラマビューが楽しめます。特に、ヘリコプターツアーやボートツアーを利用すると、滝の壮大さをより一層体感することができます。

訪問時期としては、雨季(11月から3月)には滝の水量が増し、さらに迫力ある景観が楽しめます。

7位に選ばれた理由

イグアスの滝は、その壮大なスケールと美しい景観から、世界中の旅行者にとって魅力的なスポットです。

また、滝の周囲に広がる熱帯雨林の豊かな生態系も見どころの一つです。これらの理由から、イグアスの滝は7位に選ばれました。

 

8位:タージ・マハル(インド)

歴史

タージ・マハルは、17世紀にムガル帝国の皇帝シャー・ジャハーンによって建てられた白大理石の霊廟です。

シャー・ジャハーンは、愛する妃ムムターズ・マハルのためにこの美しい建築を建設しました。1632年に建設が始まり、22年間の歳月をかけて1654年に完成しました。

その美しさと愛の象徴として、世界中から訪れる観光客を魅了しています。1983年にはユネスコの世界遺産に登録されました。

特徴

タージ・マハルは、完璧な対称性を持つ建築物であり、中央に位置する大きな白大理石のドームが特徴です。

建物全体が精緻なインレイ細工で装飾されており、宝石や貴金属がふんだんに使用されています。また、庭園や池も美しく整備されており、全体が一つの巨大な芸術作品として評価されています。

特に、朝日や夕日に照らされるタージ・マハルは、幻想的な美しさを誇ります。

訪問のポイント

タージ・マハルを訪れる際は、早朝に訪れることをお勧めします。

早朝の訪問は観光客が少なく、静かにその美しさを堪能できるだけでなく、日の出の光に照らされたタージ・マハルの景観を楽しむことができます。

また、タージ・マハル周辺にはムガル帝国時代の他の重要な建造物も多数存在し、これらを一緒に見学することで、歴史的背景をより深く理解することができます。

さらに、タージ・マハルの裏側に広がるヤムナ川からの眺めも絶景です。

8位に選ばれた理由

タージ・マハルは、その建築美と愛の象徴としての歴史的価値から、世界中の旅行者にとって一度は訪れるべき場所です。

その美しさと感動的な物語が評価され、8位に選ばれました。

9位:モアイ像(イースター島、チリ)

歴史

モアイ像は、チリのイースター島(ラパ・ヌイ)に点在する巨大な石像で、約1250年から1500年の間に作られたとされています。

これらの像は、ラパ・ヌイ文化の祖先を象徴し、部族の力や地位を表すために作られました。

イースター島は、1722年にオランダの探検家ヤコブ・ロッヘフェーンによって発見され、その後、モアイ像の存在が世界中に知られるようになりました。1995年にユネスコの世界遺産に登録されました。

特徴

イースター島には約900体のモアイ像が存在し、それぞれの像は高さが平均して4メートル、重さは14トンにもなります。

最大のモアイ像は、高さ約10メートル、重さは75トンに達します。これらの像は、凝灰岩と呼ばれる火山岩から彫られており、多くは島内のラノ・ララク火山の石切り場で作られました。

モアイ像は独特の長い顔、突き出た腹、そして背中を向けて海を見ている姿勢が特徴的です。

訪問のポイント

モアイ像を訪れる際には、ラノ・ララク石切り場が必見です。

ここでは、製作途中のモアイ像や、切り出し後に放置された像を見ることができます。また、アフ・トンガリキでは、復元された15体のモアイ像が並ぶ壮大な光景を楽しむことができます。

さらに、アフ・アキビでは、内陸に向けて立つ7体のモアイ像が見られます。イースター島へのアクセスは、チリの首都サンティアゴからのフライトが一般的です。

島内の移動はレンタカーやガイド付きツアーが便利です。

9位に選ばれた理由

モアイ像は、その謎めいた起源と独特な姿が、多くの旅行者にとって魅力的な探求対象となっています。

ラパ・ヌイ文化の豊かな歴史を象徴するこれらの像は、世界中から訪れる観光客に深い感動を与えます。このため、モアイ像は9位に選ばれました。

イースター島のモアイ像は、その神秘的な存在と歴史的意義で多くの人々を魅了します。

10位:アクロポリス(ギリシャ)

歴史

アクロポリスは、ギリシャの首都アテネに位置する古代ギリシャの要塞です。

その歴史は紀元前5世紀に遡り、ペリクレスの指導の下で建設が進められました。アクロポリスの最も有名な建造物であるパルテノン神殿は、アテナ女神に捧げられたもので、古代ギリシャの繁栄と文化の象徴です。

1987年にユネスコの世界遺産に登録されました。

特徴

アクロポリスには、パルテノン神殿をはじめ、エレクティオン神殿、アテナ・ニケ神殿、プロピュライア(門)などの重要な建築物が集まっています。

これらの建物は、ドーリア式やイオニア式の建築様式を取り入れており、その彫刻や装飾は古代ギリシャの芸術の頂点を示しています。

特に、パルテノン神殿のフリーズ(浮彫り)は、ギリシャ神話や祭事を描いたもので、芸術的価値が非常に高いです。

訪問のポイント

アクロポリスを訪れる際には、アテネ市内から徒歩でアクセスできるため、非常に便利です。

早朝または夕方に訪れることで、観光客の混雑を避けつつ、柔らかな光に照らされた遺跡を楽しむことができます。アクロポリス博物館も併せて訪れると、出土品や彫刻の詳細な説明を通じて、アクロポリスの歴史と文化をより深く理解できます。

また、アクロポリスからのアテネ市街の眺望も素晴らしく、市内のパノラマビューを楽しむことができます。

10位に選ばれた理由

アクロポリスは、古代ギリシャの歴史と文化を象徴する重要な遺跡であり、その建築美と芸術的価値は世界中の旅行者に深い感動を与えます。

古代文明の頂点を示すこれらの建物とその壮大な景観が評価され、10位に選ばれました。

隠れた名所:知られざる世界遺産

有名な世界遺産だけでなく、あまり知られていないが非常に魅力的な穴場の世界遺産も存在します。
この記事のこのセクションでは、観光客にはまだあまり知られていない隠れた名所を紹介します。例えば、スリランカのシーギリヤロックなど、歴史的な背景や美しい景観がありながらも、多くの人に知られていない場所です。

これらの隠れた名所を訪れることで、新たな発見や感動を味わうことができるでしょう。それぞれの遺産の歴史、特徴、訪問のポイントについて詳しく解説します。

シーギリヤロック(スリランカ)

歴史

シーギリヤロックは、スリランカの中央部に位置する古代の要塞都市で、紀元前5世紀にカッサパ1世によって築かれました。

カッサパ王は、自身の王国を防御するために、この岩山の頂上に宮殿を建設しました。シーギリヤは、シンハラ王朝の都として繁栄し、芸術と建築の中心地としても知られていました。

しかし、カッサパ王の死後、この都市は放棄され、長い間ジャングルに埋もれていました。1982年にユネスコの世界遺産に登録され、その後も発掘と保存作業が続けられています。

特徴

シーギリヤロックの最も目を引く特徴は、その巨大な岩山自体です。

この岩山は高さ200メートルに達し、その頂上にはカッサパ王が建てた宮殿の遺跡が残っています。シーギリヤには、美しいフレスコ画が描かれた「シーギリヤの乙女たち」の壁画や、巨大なライオンの足がある「ライオンの門」など、独特の建築と芸術が見られます。

また、頂上からは周囲のジャングルと遺跡群のパノラマビューが楽しめます。

訪問のポイント

シーギリヤロックを訪れる際には、早朝に登り始めることをお勧めします。

朝の涼しい時間帯に登ることで、日中の暑さを避けることができます。登山には約1時間ほどかかりますが、途中にある「シーギリヤの乙女たち」の壁画や、ライオンの門などを見学しながらゆっくりと登ると良いでしょう。

頂上に到達すると、かつての宮殿の遺跡と絶景を楽しむことができます。また、シーギリヤ周辺には宿泊施設やレストランが整っており、訪問後もゆったりと過ごすことができます。

プラディエールのローマ劇場(ヨルダン)

歴史

プラディエールのローマ劇場は、ヨルダンのペトラ遺跡に位置する壮大な劇場で、紀元前1世紀にナバテア人によって建設されました。

この劇場は、ローマ帝国の支配下にあった時期に拡張され、5,000人以上を収容できる規模となりました。

プラディエールのローマ劇場は、古代ローマの劇場文化とナバテア人の建築技術が融合した貴重な遺産です。

特徴

劇場は、ペトラ遺跡の中心部に位置し、周囲の岩山に囲まれた壮大な景観が特徴です。

劇場の座席は石灰岩の岩を削り出して作られており、舞台上には精巧な彫刻が施された柱やアーチが立ち並んでいます。

また、劇場周辺にはナバテア人の墓や神殿などの遺跡が点在しており、ペトラ遺跡全体を巡ることで、古代の文化と歴史を深く理解することができます。

訪問のポイント

プラディエールのローマ劇場を訪れる際には、早朝にペトラ遺跡に到着することをお勧めします。朝の柔らかい光の中で遺跡を見学することで、その美しさをより一層感じることができます。

また、劇場の座席に座り、古代の観客が楽しんだであろう景色を眺めるのも一興です。

ペトラ遺跡は広大なため、訪問には一日を要することが多いですが、ガイド付きツアーを利用することで効率よく見学することができます。

穴場も紹介!世界遺産トップ10まとめ

エッフェル塔はパリ万博のために建設され、世界で最も高い建造物だった
エッフェル塔の特徴は高さ324メートルの鉄製構造と美しいライトアップ
エッフェル塔は展望台からパリの全景が楽しめる
ピラミッドは古代エジプト文明の象徴であり、クフ王の墓として建設された
ピラミッドの特徴は巨大な石灰岩ブロックで構成された構造と複雑な内部通路
ピラミッドはギザ高原に位置し、スフィンクスも見どころである
グレートバリアリーフは世界最大のサンゴ礁系で、生物多様性の宝庫である
グレートバリアリーフの特徴は400種類以上のサンゴと1500種類以上の魚類が生息すること
グレートバリアリーフではダイビングやスノーケリングが人気のアクティビティである
グランドキャニオンはコロラド川の浸食作用によって形成された巨大な渓谷である
グランドキャニオンの特徴はカラフルな地層と壮大な景観
グランドキャニオンではサウスリムからの眺望とハイキングが楽しめる
シーギリヤロックはカッサパ1世によって築かれた古代の要塞都市である
シーギリヤロックの特徴は巨大な岩山と美しいフレスコ画
プラディエールのローマ劇場はナバテア人によって建設された壮大な劇場である
プラディエールのローマ劇場の特徴は岩山に囲まれた座席と精巧な彫刻

タイトルとURLをコピーしました