PR

白川郷・五箇山合掌造りの屋根勾配の秘密や地震耐震と間取りを解説

白川郷・五箇山の歴史的な集落の美しい風景。急勾配の茅葺き屋根を持つ伝統的な合掌造りの家々が雪に覆われている。家々は雪に覆われた木々と山々に囲まれ、澄んだ空が広がる静かな冬の景色。 日本の世界遺産

白川郷・五箇山の合掌造り集落は、日本の北陸地方に位置し、1995年にユネスコの世界遺産に登録されました。これらの集落は、豪雪地帯で生きる人々が長い歴史の中で培ってきた知恵と工夫の結晶です。合掌造りと呼ばれる独特の建築様式は、急勾配の屋根と堅固な構造を特徴とし、雪の重みや地震に耐えるための工夫が凝らされています。

本記事では、合掌造りの屋根勾配の秘密、地震に対する耐震設計の工夫、そして伝統的な間取りについて詳しく解説します。
これにより、白川郷・五箇山の合掌造りがどのようにして現在まで受け継がれ、保存されてきたのか、その魅力と技術を深く理解することができるでしょう。

 

合掌造りの屋根勾配の理由とその効果
合掌造りの建物が地震に強い理由と設計の工夫
合掌造りの伝統的な間取りとその利便性
合掌造りが自然環境と調和し、快適な生活空間を提供する仕組み

 

白川郷・五箇山の地震に強い合掌造りの間取りと屋根勾配の工夫

世界遺産は、建築物や遺跡の美しさや歴史的な価値だけで選ばれるだけではありません。
暮している人々が考え、工夫して、受け継いだ暮らしの知恵の結果生まれた建築物が高い評価を受けることもあります。
日本国内の世界遺産の中でも、北陸地方の「白川郷・五箇山の合掌造り集落」は、ある特徴が評価され、1995年に世界遺産に登録されることになります。

 

英語表記)Historic Villages of Shirakawa-go and Gokayama
登録区分)文化遺産
登録年)1995年
登録基準)(4), (5)
国内の登録順位)No.6

雪国で暮らす人々が生み出した生活の知恵は、「4.人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式」、「5.ある文化を代表する伝統的集落、あるいは陸上ないし海上利用の際立った例」として文化遺産の基準で世界的な評価を受けています。

合掌造りの屋根勾配の秘密とは?

合掌造りの特徴的な屋根は、その急勾配によって一目で見分けることができます。この急勾配の屋根は、実は雪国ならではの知恵の結晶なのです。冬の北陸地方では、非常に多くの雪が降り積もります。この雪の重みは建物に大きな負担をかけますが、合掌造りの急な屋根は、雪を自然に滑り落とすように設計されています。これにより、雪の重さを効率的に分散し、屋根や建物自体が損傷するのを防いでいるのです。

さらに、屋根の素材にも工夫が見られます。合掌造りの屋根は厚く葺かれた茅で作られており、断熱性と通気性に優れています。これにより、冬は暖かく、夏は涼しい室内環境が保たれます。茅葺きの屋根は約30年ごとに葺き替えが必要ですが、地域の人々が協力してこの作業を行うことで、伝統的な技術とコミュニティの絆が保たれています。

このように、合掌造りの屋根勾配は、厳しい自然環境に適応するための合理的かつ美しいデザインの一部であり、人々の知恵と努力の象徴と言えるでしょう。

白川郷の雪に覆われた伝統的な合掌造りの家。急勾配の茅葺き屋根が特徴的。(AI生成のため正確なイラストではありません。イメージとして捉えてください)

合掌造りの地震耐震設計の工夫

合掌造りの建物は、地震の多い日本においてもその耐久性が評価されています。その耐震性能の秘密は、いくつかの構造上の工夫にあります。まず、合掌造りの家屋は木材を組み合わせた柔軟な構造を持っています。この木組みは地震の揺れに対してしなやかに反応し、揺れを吸収・分散させる役割を果たします。

さらに、合掌造りの基礎部分は石の上に直接建てられていることが多く、これにより地震の振動を効果的に逃がすことができます。また、屋根が重い茅で葺かれているため、建物全体の重心が低くなり、安定性が増すのも耐震性向上に寄与しています。

現代では、伝統的な技術に加えて、最新の耐震技術も取り入れられ、合掌造りの家屋がさらに安全に保たれるようになっています。このように、合掌造りの建物は、自然の力を巧みに利用した先人たちの知恵と、現代技術の融合によって、高い耐震性を誇っているのです。

合掌造りの家の内部。大きな囲炉裏と木組み構造が見える。(AI生成のため正確なイラストではありません。イメージとして捉えてください)

白川郷・五箇山合掌造りの伝統的な間取り

白川郷・五箇山の合掌造りの家屋は、その外観だけでなく、内部の間取りにも独自の工夫が施されています。合掌造りの家屋は、多くの場合、大家族での共同生活を前提として設計されています。そのため、各部屋は広々としており、家族全員が集まることができる大広間が設けられています。

1階は、主に生活スペースとして使用され、台所、居間、寝室などが配置されています。居間は、家族が一日の終わりに集まり、暖をとる場所として機能していました。台所には、大きな囲炉裏があり、調理や暖房の中心となっています。

2階や3階は、農作業のためのスペースとして利用されています。特に、養蚕が盛んだった時代には、2階や3階に蚕を育てるための棚が設置されていました。このように、合掌造りの間取りは、生活と生産の両方を効率よく行うために最適化されています。

このような間取りの工夫は、厳しい自然環境の中で生きるための知恵が詰まっており、現代でも多くの教訓を与えてくれます。

春の風景に囲まれた合掌造りの家。木組みと緑豊かな環境が特徴的。(AI生成のため正確なイラストではありません。イメージとして捉えてください)

屋根勾配と地震耐震性がもたらす生活の知恵

合掌造りの急勾配の屋根と優れた耐震性は、単なる建築技術の粋を超え、そこに暮らす人々の生活の知恵を反映しています。急勾配の屋根は、豪雪地帯での生活を支えるための重要な要素です。冬季には、厚く積もる雪が自然に滑り落ちることで、屋根にかかる負荷を軽減します。これにより、定期的な雪下ろし作業の負担が大幅に減り、住民の安全が確保されます。

また、屋根裏の空間は、寒さを防ぐための断熱効果も持っています。2階や3階の空間は、冬の間の農作業や貯蔵スペースとして有効に利用されてきました。これにより、季節を問わず生活と生産が効率よく行える仕組みが作られているのです。

地震耐震性においては、柔軟な木組みの構造が揺れを吸収・分散することで、地震の被害を最小限に抑えます。石の基礎に直接建てる設計も、地震の振動を逃がす効果があります。これらの工夫は、地震大国である日本において、住民の命と財産を守るための重要な役割を果たしています。

合掌造りの家屋は、自然と共生するための知恵が詰まっており、現代の私たちにとっても学ぶべき点が多いのです。これらの知恵は、地域の気候や地形に適応した独自の文化を築き上げ、現在もその魅力を失うことなく受け継がれています。

秋の五箇山の歴史的な村。カラフルな紅葉と合掌造りの家々が見られる。(AI生成のため正確なイラストではありません。イメージとして捉えてください)

合掌造りの間取りがもたらす快適な生活空間

合掌造りの家屋は、その独特な間取りがもたらす快適な生活空間でも知られています。これらの家屋は、単に住むための場所というだけでなく、厳しい自然環境の中で快適に過ごすための工夫が随所に見られます。

まず、1階の広々とした大広間は、家族全員が集まることができる重要な空間です。大きな囲炉裏が設けられており、これが家の中心として機能しています。囲炉裏は暖を取るだけでなく、料理や団らんの場としても利用され、家族の絆を深める役割を果たしています。また、囲炉裏の火が天井に上がることで、屋根裏に乾燥した空気が行き渡り、茅葺き屋根の保護にもつながっています。

2階や3階の空間は、主に作業スペースや貯蔵スペースとして利用されてきました。冬の間は外での農作業が難しいため、このスペースを利用して養蚕や農具の修理などが行われていました。このように、合掌造りの家屋は、生活と生産が一体となった空間を提供しています。

また、合掌造りの家屋は、自然素材を多用した構造のため、夏は涼しく冬は暖かいという快適な居住環境を実現しています。厚く葺かれた茅の屋根は、断熱効果が高く、外気温の影響を受けにくい特徴があります。さらに、木材を多用した構造は、湿度の調整にも優れており、四季を通じて快適な室内環境を保つことができます。

このように、合掌造りの間取りは、自然環境と調和した快適な生活空間を提供し、長年にわたり多くの人々に愛され続けてきました。現代においても、合掌造りの家屋はその魅力を失うことなく、多くの人々にとって憧れの住まいとして親しまれています。

白川郷・五箇山の合掌造り集落の歴史

歴史的な建物そのものよりも、人々が生み出し、受け継いだ暮らしの知恵そのものに、普遍的な価値があると評価されたことに違いはないのでしょう。

白川郷・五箇山の合掌造り集落は、飛騨地方の白川郷と五箇山にある合掌造りの集落群です。
1995年12月9日にユネスコの世界遺産に登録され、日本では6件目の世界遺産となりました。

合掌造りとは、雪の重みに耐えるために、屋根を大きく反らせた伝統的な建築様式です。
白川郷・五箇山の合掌造りの集落は、13世紀から16世紀にかけて建てられたもので、現在でも約200棟が残っています。

白川郷・五箇山の合掌造り集落は、雪深い山間部に位置していることから、冬でも雪が積もらず、生活しやすいように設計されています。
また、集落の周囲には、田畑や林が広がり、豊かな自然に囲まれています。

白川郷・五箇山の合掌造り集落は、日本の伝統的な建築様式と美しい自然が融合した、世界でも珍しい景観を有しています。
現在でも、人々が生活している集落であり、日本の原風景を今に伝える貴重な場所です。

 

白川郷・五箇山の合掌造りへのアクセス

白川郷・五箇山の合掌造り集落へのアクセスは、飛騨高山駅からバスで約1時間です。
集落内には、いくつかの観光施設やお土産屋さんがあり、一日かけてゆっくりと散策を楽しむことができます。

 

白川郷・五箇山の合掌造り集落にまつわる地域と天気の特徴

世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」は、山間部の豪雪地帯で生まれた合掌造りという独自の建物の特徴が評価されています。

なぜ、日本国内でも白川郷の建物は独自の発展を遂げたのでしょうか?

 

現代の雪国の建物の特徴

令和の現在でも、南北約3500km、東西約300kmの日本国内には、地域によって気候の大きな違いがあります。

例えば、九州地方に桜が咲く頃、北海道地方では氷点下の吹雪で雪が降り積もるということは当たり前に起きています。

現代の雪国北海道の建築物には、瓦屋根の変わりに雪を溶かすヒーター付の屋根、結露と冷気防止の二重窓か厚手の防寒窓、建物の内側に配置された水道管やガス管、全て建物の内側に設置された集合住宅の共用スペースがあります。

これらは、寒さによる凍結と雪を防ぐためのものです。

合掌造りの特徴と背景

北陸地方の世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」では、登録されている名前のように「合掌造り」と呼ばれる三角屋根が特徴的です。

三角屋根そのものは、日本国内でも珍しくはありませんが、1m以上の厚みがある急勾配の萱葺き屋根は北陸地方特有の作りです。

叉首構造の切妻造り」と呼ばれる急勾配の屋根は、屋根の雪下ろしの負担を減らし、梅雨の時期の水はけを良くする目的とされています。

また、2階建ての建築物が珍しかった当時の住宅としては高層の3階建てをしています。

その目的は2つあり、1つは空気を含む空間を設けることで、居住スペースの断熱性能を高めるためです。

もう1つは、農作業が行えない冬の間の作業スペースを確保するためです。

なぜ、防水性・通気性・断熱性を図る必要があるのでしょうか?

北陸地方特有の気候と日本アルプス

「白川郷・五箇山の合掌造り集落」の2つの集落の内は、白川郷は岐阜県と富山県にまたがる庄川流域地域に存在しています。

もう1つの五箇山(ごかやま)、は富山県の南西にそびえ立つ日本アルプスの渓谷にある山間部の集落です。

富山県は、新潟県と並ぶ豪雪地帯の北陸地方です。

岐阜県は中部地方・東海地方に分けられていますが、白川郷は富山県との県境に接するほど北部にあるため、実際の天気予報では北陸地方の範囲に含まれます。

北陸地方は、日本海側に面し、一年を通して湿度が高く降水量の多い日本海側気候の中心の地域でもあります。

日本海側気候は、日本列島に北西から吹き付ける季節風と九州西方沖から対馬海峡を通って南から北に流れる対馬海流の影響を受けています。

元々暖かい暖流の黒潮の一部から始まる対馬海流は、水蒸気が蒸発しやすい環境が生まれます。

さらに、北西から冷たい風が吹き付けるため、冬の季節の日本海側は北側ほど雪が降りやすくなります。

雪の重さは含まれている水分の差で1㎥あたり約50kgからまで違いがあります。

北海道や本州の標高の高い山頂付近では、気温が低く水分が少ない約50kg/1㎥のふわふわとした雪が積もります。

一方で、北陸地方の豪雪地帯に積もる雪は気温が高く水分が多いため100〜150kg/1㎥と重たい雪が積もります。

現代の雪国北海道の建築物は、寒さによる凍結と雪を溶かすための設備を備えています。

電気や温水の配管が普及していなかった当時の北陸地方では、「雪を溶かす」よりも「雪の重みに耐える」「雪を降ろす」ための急勾配の屋根を持つ「合掌造り」の建物が必要だったことが、白川郷で独自の生活文化に大きな影響を与えていました。

参照サイト:白川郷観光協会公式サイト

世界遺産検定公式過去問集(4級)からの例題

Q1.「白川郷・五箇山の合掌造り集落」の説明として、正しくないものはどれでしょうか。

 

1.合掌造りの家屋は床面積が広いのが特徴である
2.ほかの土地との交流が少なく、昔からの独自の生活文化が残った
3.一族が同じ家に暮らす大家族制が保たれてきた
4.この一帯はほとんど雪が降らない地域である

答え:(4) この一帯はほとんど雪が降らない地域である

引用元:2018年3月,p66,世界遺産検定4級

 

Q2.「白川郷・五箇山の合掌造り集落」の説明として、正しいものはどれでしょうか。

1.縄文時代に人々が生活した様子がわかる遺跡である
2.山間部の豪雪地帯にある、昔からの独自の生活文化が残る集落である
3.戦国時代に武装化した農民が、山奥に立て籠もった様子を伝える集落である
4.山や大土地を所有した富裕農家が贅沢な装飾を施した家屋が残る

答え:(2) 山間部の豪雪地帯にある、昔からの独自の生活文化が残る集落である

引用元:2018年7月,p82,世界遺産検定4級

 

Q3.白川郷・五箇山の集落で世界遺産に登録されている集落は、山間の豪雪地帯の生活に合わせた造りをもつ家屋がみられます。何と呼ばれる造りでしょうか。

1.飛騨造り
2.合掌造り
3.土壁造り
4.高塀造り

答え:(2) 合掌造り

引用元:2018年9月,p94,世界遺産検定4級

 

Q4.「白川郷・五箇山の合掌造り集落」がある地域の特徴は何でしょうか。

1.農業が盛んな地域であるか
2.日本有数の豪雪地帯である
3.西洋文化をいち早く取り入れた地域である
4.日本において日照時間が特に長い地域である

答え:(2)日本有数の豪雪地帯である

引用元:2018年12月,p105,世界遺産検定4級

世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」のお話はいかがでしたか?
世界遺産検定4級の問題は解けましたか?

合掌造りの建物が、豪雪地帯の冬の暮らしを乗り越えるために発展したように、日常生活に関する遺産には、地域や気候などの背景を知っておくことも大切です。

他の地域の世界遺産を調べる際にも、当時の時代背景、気候や地域の文化について調べておくと、世界遺産検定に備えることもできますよね。

 

地震に強い合掌造りの間取りと屋根勾配の工夫のまとめ

  • 白川郷・五箇山の合掌造り集落は1995年に世界遺産に登録された
  • 合掌造りは急勾配の屋根が特徴である
  • 屋根勾配は雪を自然に滑り落とすための工夫である
  • 茅葺き屋根は断熱性と通気性に優れている
  • 茅葺き屋根は約30年ごとに葺き替えが必要である
  • 合掌造りの木組み構造は地震に強い
  • 石の基礎は地震の振動を効果的に逃がす
  • 1階は台所や居間、寝室が配置された生活空間である
  • 2階や3階は農作業や貯蔵のスペースとして利用される
  • 急勾配の屋根は豪雪地帯での生活を支える重要な要素である
  • 屋根裏の空間は断熱効果を持つ
  • 合掌造りは自然素材を多用し、四季を通じて快適である
  • 居住スペースは広く、大家族での生活に適している
  • 囲炉裏は暖房と料理の中心であり、家族の団らんの場である
  • 合掌造りは自然と共生するための知恵が詰まっている
タイトルとURLをコピーしました