PR

東京都の世界遺産を探索:小笠原諸島と近代建築国立西洋美術館の魅力

東京の世界遺産、オガサワラ諸島の自然の美しさと国立西洋美術館の近代建築を特徴とする教育的な画像。背景には東京の地図があり、『Exploring Tokyo's World Heritage Sites: Ogasawara Islands and Modern Architecture』というタイトルが表示されています。 日本の世界遺産

日本の世界遺産といえば、姫路城や知床半島が思い浮かびますが、首都東京にも世界的に評価される世界遺産があります。
本記事では、東京都にある小笠原諸島の自然遺産と国立西洋美術館の文化遺産について解説します。世界遺産検定にも役立つ知識を提供し、東京都の魅力を再発見してみましょう。

 

小笠原諸島が自然遺産として評価される理由
国立西洋美術館が文化遺産としての価値
小笠原諸島の地理的特徴と独自の生態系
ル・コルビュジエの建築作品としての国立西洋美術館の重要性

 

東京都にもある世界に誇れる世界遺産

日本の世界遺産でイメージしやすいのは、兵庫県の姫路城や北海道の知床半島ではないでしょうか?
文化遺産では、作られてからの歴史は世界遺産としてわかりやすい事実といえます。
自然遺産では、雄大な大自然のように、手つかずに残る自然を思い浮かびます。
世界遺産というと、数百年の歴史のある町並みや、大自然が思い浮かびます。

実は、日本の首都東京都にも、世界的に評価を受けている世界遺産があります。

日本の世界遺産には、作られてから時間が経っていない文化遺産、人の暮らしとともにある自然遺産があります。

 

東京都には小笠原諸島の自然遺産と近代建築の文化遺産

東京都には、自然遺産と文化遺産がそれぞれ1つずつ登録されています。

 

小笠原諸島

英語表記)Ogasawara Islands
登録区分)自然遺産
登録年)2011年
登録基準)(9)
国内の登録順位)No.15

東京都心から約1000km南に位置する小笠原諸島は、都道府県では東京都の一部とされています。

大小30あまりの群島の中でも、住人の方が暮らしているのは父島・母島の2島です。

その他には、自衛隊員や海上保安庁職員が防衛と観測を目的に硫黄島と南鳥島に居住しています。

本州と小笠原諸島を結ぶ交通手段はフェリーのみで、住民の方がかねてから希望されている飛行場は、現在建設を検討中という段階のようです。

小笠原諸島は、大まかに父島と母島のある「小笠原群島」、「西之島」、硫黄島のある「火山列島(硫黄列島)」、離れた位置にある「南鳥島、沖ノ鳥島」の4つのエリアに分けられています。

天候は年間を通じて暖かく、夏と冬の気温差は小さく、春秋の前線の南側にあるため「梅雨はない」とされています。

地域の立地、気候の影響もあり島の生物は独自の進化を遂げており、「東洋のガラパゴス」と呼ばれ、世界的にも注目されている地域です。

特に、生き物の広がりを示す指標の「生物地理区」では、アジアではなくオーストラリアを含むオセアニア区に含まれるとされています。

特に他の大陸から離れた立地のため、人が意図的に持ち込む以外では、生き物の行き来は限られています。

独自の進化の名残が現在まで続いている点は、世界遺産の10の審査基準の中でも「9.陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において重要な生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの」とされ、2011年に自然遺産として登録されています。

小笠原諸島の美しい自然と多様な生態系を示す画像。手つかずの自然と豊かな生物多様性が特徴。

小笠原諸島の美しい自然と多様な生態系

ル・コルビュジエの建築作品

英語表記)The Architectural Work of Le Corbusier, an Outstanding Contribution to the Modern Movement
登録区分)文化遺産
登録年)2016年
登録基準)(1), (2), (6)
国内の登録順位)No.20

東京都のもう1つの世界遺産は、近代建築が評価され登録された文化遺産です。

文化遺産は、東京都台東区の上野公園に1959年開館した国立西洋美術館です。

地域にお住まいの方は、学生時代の芸術鑑賞で訪れる機会がある西洋美術の作品が展示された馴染みのある美術館です。

世界遺産としては、国立西洋美術館や周辺の景観だけが登録されているわけではなく、他の国の建築物とともに登録されています。

登録名に「ル・コルビュジエの建築作品」とあるように、スイス出身の建築家ル・コルビュジエの設計した世界各地の建築物のひとつとされています。

登録が発表された2016年当時、世界にまたがる初の世界遺産として日本の他にも、ドイツ・アルゼンチン・ベルギー・フランス・インド・スイスの建築物が登録されました。

10個の選考基準の中では、作品の独創性が「1.人類の創造的才能を表現する傑作」として評価され、20世紀の近代的な都市計画が世界中に広まった点が「6.顕著で普遍的な意義を有する出来事」として高く評価されています。

国立西洋美術館の外観を示す画像。ル・コルビュジエが設計した近代建築の傑作。

ル・コルビュジエ設計の国立西洋美術館のモダンな外観

世界遺産検定の例題

 

Q1.小笠原諸島について(世界遺産検定4級)

『小笠原諸島』では、ペットなどとして( )が持ち込まれ、固有の生態系が脅かされている。

1.固有種
2.在来種
3.外来種
4.寄生種

答え:(3)外来種

 

Q2. ル・コルビュジエの建築作品:近代建築運動への顕著な貢献』に含まれる日本の建造物はどれか。(世界遺産検定4級)

1.東京都美術館

2.上野の森美術館

3.国立西洋美術館

4.東京国立博物館

答え:(3)国立西洋美術館

 

日本の世界遺産の中で、東京都には自然遺産と文化遺産がそれぞれ1つずつ登録されています。

大陸から離れたの地域のため、独自の生態系が続いている自然遺産の小笠原諸島。

近代建築として登録されている国立西洋美術館は、日本を含め7カ国にまたがる文化遺産です。

特に「ル・コルビュジエの建築作品」として登録されている国立西洋美術館は、海外の世界遺産と合わせて世界遺産検定でも出題されるため、登録された背景を覚えておきたいものですね。

東京都の世界遺産、小笠原諸島の自然の美しさと国立西洋美術館の近代建築を示す画像。

東京都の世界遺産が持つ国際的な評価と意義

東京都にもある世界に誇れる世界遺産まとめ

  • 東京都にある自然遺産と文化遺産
  • 小笠原諸島の自然遺産としての特徴
  • 国立西洋美術館の文化遺産としての価値
  • 小笠原諸島の独自の生態系とその進化
  • 国立西洋美術館の設計者ル・コルビュジエの功績
  • 小笠原諸島が「東洋のガラパゴス」と呼ばれる理由
  • 国立西洋美術館が近代建築の傑作とされる理由
  • 小笠原諸島の自然遺産としての登録基準
  • 国立西洋美術館の文化遺産としての登録基準
  • 小笠原諸島の地理的特徴と気候
  • 小笠原諸島へのアクセス方法
  • 国立西洋美術館の歴史と展示内容
  • 世界遺産検定に出題される小笠原諸島の知識
  • 世界遺産検定に出題される国立西洋美術館の知識
  • 東京都の世界遺産の国際的評価
タイトルとURLをコピーしました