PR

栃木の世界遺産は何個?群馬の東武ワールドスクウェアも紹介

日光東照宮と富岡製糸場の歴史的・文化的ランドマークを描いた詳細なイラスト。日光東照宮の精巧な彫刻と金色の装飾、富岡製糸場の伝統的なレンガと木造建築が含まれています。背景には、日光をハイライトした栃木県の地図と、富岡製糸場が位置する群馬県の一部が描かれています。 日本の世界遺産

栃木県と群馬県には、近代日本の歴史と文化を語り継ぐ重要な世界遺産があります。
栃木県日光市の「日光の社寺」と、群馬県富岡市の「富岡製糸場と絹産業遺産群」は、それぞれ異なる時代背景と文化を持ちながら、日本の歴史に深く根ざしています。

日光の社寺は、江戸時代初期に建立された日光東照宮を中心とした神社と寺院の集合体で、初代将軍徳川家康を祀る場所として、江戸時代の政治と文化の中心となりました。一方、富岡製糸場と絹産業遺産群は、明治時代に日本初の機械製糸工場として設立され、日本の産業革命の象徴とされています。

また、群馬県にある東武ワールドスクウェアは、世界各国の有名建築物を再現したテーマパークで、日本国内外の文化遺産を一度に体験できる貴重なスポットです。

本記事では、栃木と群馬にあるこれらの世界遺産の魅力を詳しく解説し、それぞれが持つ歴史的背景と文化的価値を探ります。
日光東照宮の荘厳な建築美と富岡製糸場の産業遺産としての意義、そして東武ワールドスクウェアで体験できる世界の文化遺産の魅力を併せてご紹介します。
これを機に、関東地方の歴史と文化に触れてみてはいかがでしょうか。

 

栃木県にある世界遺産は「日光の社寺」であることを理解できる
日光東照宮の歴史的背景とその文化的価値について理解できる
東武ワールドスクウェアで見られる世界の有名建築物とその魅力を理解できる
関東の世界遺産と東武ワールドスクウェアを巡る旅行プランについての情報を得られる

 

  1. 関東に残る近代日本の変化を語る世界遺産
    1. 栃木県と群馬県の世界遺産
    2. 日光の社寺
    3. 栃木の世界遺産:日光東照宮の歴史と文化
      1. 日光東照宮の創建とその歴史的重要性
      2. 日光東照宮の建築と彫刻の特徴
      3. 日光東照宮を訪れる際の見どころ
    4. 富岡製糸場と絹産業遺産群
    5. 群馬の世界遺産:富岡製糸場と絹産業遺産群の秘密
      1. 富岡製糸場の設立とその歴史的背景
      2. 富岡製糸場の建築様式とその特徴
      3. 富岡製糸場と絹産業遺産群の現地ガイド
    6. 東武ワールドスクウェアで体験する世界の文化遺産
      1. 東武ワールドスクウェアの魅力とは
      2. 東武ワールドスクウェアで見られる世界の建築物
      3. 家族で楽しむ東武ワールドスクウェアのおすすめルート
    7. 関東の世界遺産を巡る旅行プラン
      1. 日光と富岡を巡る1泊2日のおすすめ旅行プラン
      2. 見逃せない!関東の世界遺産周辺の観光スポット
      3. 関東の世界遺産と東武ワールドスクウェアの組み合わせプラン
    8. 日光東照宮と富岡製糸場の共通点と違い
      1. 江戸時代と明治時代の文化遺産の違い
      2. 日光東照宮と富岡製糸場の建築技術の比較
      3. 両方の遺産が語る日本の歴史と文化
    9. 世界遺産検定の例題
      1. Q1. 空欄にあてはまる語句として、正しいものはどれでしょうか。(世界遺産検定4級)
      2. Q2.『日光の社寺』に含まれる建造物はどれか。(世界遺産検定4級)
      3. Q3.次の文章を読んで、以下の問い合わせに答えなさい。(世界遺産検定3級)
    10. 栃木の世界遺産は何個?まとめ

関東に残る近代日本の変化を語る世界遺産

世界遺産というと、どうしても西暦1桁の時代の遺跡が思い浮かびますよね。
同じ遺跡でも、近代の遺跡は語りてや資料が残っていることがほとんどです。
今回は、関東に残る近代日本の変化を語り継ぐ文化遺産を紹介させていただきますね。

歴史のある関西に残る遺跡や寺社仏閣は、日本の始まりを今に語り継ぐ貴重な世界遺産です。
一方、関東には今に続く江戸時代と明治時代の日本の成り立ちを語り継いでくれる世界遺産が
あります。

栃木県と群馬県の世界遺産

関東で近代日本の成り立ちを語り継いでいるのは、栃木県が誇る日光東照宮を含む日光の社
寺、群馬県の富岡製糸場と絹産業遺産群の2つの世界遺産です。

日光の社寺

 

英語表記)Shrines and Temples of Nikko
登録区分)文化遺産
登録年)1999年
登録基準)(1),(4),(6)
国内の登録順位)No.10

 

日光の社寺は、栃木県日光市の大規模なお寺と神社が文化遺産として登録されています。

日光の社寺とあるように、神社は日光東照宮、日光二荒山神社、お寺は日光山輪王、合わせて二社一寺(にしゃいちじ)と呼ばれることもあります。

中でも日光東照宮は、江戸時代を築いた初代将軍徳川家康を祭る神社です。

日光東照宮は、徳川家康が亡くなった翌年の1617年に二代将軍徳川秀忠によって創建されまし
た。
創建に関する宗教的な取り決めは天海僧正が携わり、建築には戦国時代の城作りの実績がある藤堂高虎が主導したとされています。

1636年、三代将軍徳川家光の時代に大改装が行われ、建物全体が彫刻と漆塗りや金箔で彩られた正門「日暮御門」が完成します。

文化遺産の登録基準は3つあり、高い評価を受けたのは次の2つです。

動物、人間、自然、そして神々や幻想の生き物が描かれた「日暮御門」の彫刻は、1.人類の創造的才能を表現する傑作として高い芸術的価値があるとされています。

また、中国をはじめ海外の伝承と日本の風習が融合した建築物は、4.人類の歴史上重要な時代を例証する建築様式として世界遺産に選ばれる大きな理由になっています。

日光東照宮の精巧な彫刻と金色の装飾(AI生成のため正確なイラストではありません。イメージとして捉えてください)

栃木の世界遺産:日光東照宮の歴史と文化

日光東照宮の創建とその歴史的重要性

日光東照宮は、江戸時代初期に徳川家康の霊廟として建立されました。家康は日本を統一し、江戸幕府を開いた人物であり、彼の死後、その偉業を称えるために二代将軍徳川秀忠が1617年に東照宮を創建しました。宗教的な取り決めは天海僧正が携わり、建築は藤堂高虎が主導しました​。​​

1636年、三代将軍徳川家光の時代に大改装が行われ、建物全体が豪華な彫刻と漆塗り、金箔で装飾されました。この大改装により、現在も見られる荘厳な姿となり、日本の歴史と文化における重要な遺産としてその地位を確立しました。

日光東照宮の建築と彫刻の特徴

日光東照宮の建築は、その豪華さと細部にわたる装飾が特徴です。特に「日暮御門(ひぐらしごもん)」と呼ばれる正門は、動物や神々、幻想的な生き物の彫刻で覆われ、その芸術的価値は非常に高いと評価されています。この門の名前は、見ていると一日が過ぎるほど美しいとされることに由来します​​​。

また、東照宮全体の建築様式は「権現造り」と呼ばれ、拝殿、本殿、相の間を連結した構造を持っています。これにより、参拝者が拝殿から直接本殿を見通せる設計となっており、建築技術と美術工芸の粋を集めたものとなっています。五重塔や神厩舎の彫刻も見どころで、特に「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿の彫刻は有名です​。

日光東照宮を訪れる際の見どころ

日光東照宮を訪れる際の見どころとしては、まず「陽明門(ようめいもん)」があります。この門は、見上げると複雑な彫刻と鮮やかな彩色が施されており、その壮麗さに圧倒されます。また、五重塔も必見です。高さ36メートルのこの塔は、1650年に建立され、現在もその美しさを保っています。

さらに、東照宮内には多くの重要文化財があり、その一つ一つが歴史的価値を持っています。拝殿、本殿、相の間を含む主要な建築物はもちろん、三神庫や神厩舎の彫刻も訪問者を魅了します​ 。

東照宮の見どころを効率よく回るためには、案内マップを活用しながら各スポットを巡ると良いでしょう。特に、写真撮影が可能なスポットも多いため、カメラを持参すると良い思い出になります。

富岡製糸場と絹産業遺産群

英語表記)Tomioka Silk Mill and Related Sites
登録区分)文化遺産
登録年)2014年
登録基準)(2), (4)
国内の登録順位)No.18

富岡製糸場は、1872年に群馬県富岡市に建設された日本初の機械製糸です。

明治前半、幕末からの動乱と海外の圧力で不安定な情勢の中に置かれていた日本は、国の基盤になる経済成長が求められていました。

当時の経済成長は、生産力。

中でも、原材料を加工し輸出する工業の発展は欠かせないものでした。

日本の主要な輸出品になっていた生糸は、小規模の作業所や農業の副業で生産され、品質や供給量のバラつきが問題になっていました。

明治政府は、作業員を集め、蚕の飼育から生糸の生産までの工程を行う大規模工場の建設に取り掛かります。

工場の設計は、フランス人設計士のエドモン・オーギュスト・バスチャン、原材料と人員の手配は
実業家の尾高惇忠が請け負うことになります。

建物の柱を木材、壁や床は群馬県内で生産されたレンガづくりの木骨レンガ造の富岡製糸場が完成、設計段階から募集されていた人材によって完成した年に本格的な生産が始まります。

文化遺産としては、富岡製糸場の他に3件の産業遺産が登録されています。

当時革新的な養蚕技術を開発した人物、田島弥平旧宅。

養蚕の研究と人材育成に貢献した学校、養蚕改良高山社の建築物。

蚕の卵の貯蔵に利用された荒船・東谷風穴蚕種貯蔵所跡の3つは、養蚕技術の確立という2.あ
る期間、文化圏で人類の価値の重要な交流を示すものとして評価されています。

群馬の世界遺産:富岡製糸場と絹産業遺産群の秘密

富岡製糸場の設立とその歴史的背景

富岡製糸場は、1872年に群馬県富岡市に設立された日本初の機械製糸工場です。設立の背景には、幕末から明治維新にかけての日本の産業革命が大きく影響しています。当時、日本は欧米諸国との貿易を拡大し、輸出品として生糸が重要な役割を果たしていました。しかし、伝統的な製糸法では品質と生産量の安定供給が難しく、機械化による大規模生産が求められました​。

明治政府は、生糸の品質向上と大量生産を目的として、フランス人技師エドモン・オーギュスト・バスチャンを招き、富岡製糸場の設計と建設を指導しました。また、実業家の尾高惇忠が工場の運営に携わり、設立から短期間で本格的な操業が開始されました。この製糸場は、日本の近代産業の発展を象徴する施設となり、国内外の注目を集めました​。

富岡製糸場の伝統的なレンガと木造建築(AI生成のため正確なイラストではありません。イメージとして捉えてください)

富岡製糸場の建築様式とその特徴

富岡製糸場の建物は、木骨レンガ造りという和洋折衷の建築様式が採用されています。この方法は、柱や梁を木材で作り、その間をレンガで埋めるというものです。これにより、耐久性と耐火性が高められ、同時に日本の気候風土に適した建築となっています​​。

工場の主要な建物としては、繰糸所、倉庫、工女寄宿舎などがあります。繰糸所は長さ140メートル、幅12メートルの大規模な建物で、内部には当時最新の機械が設置されました。また、工女寄宿舎は、働く女性たちのための宿泊施設であり、ここでの生活環境も非常に整備されていました​​。

富岡製糸場と絹産業遺産群の現地ガイド

富岡製糸場を訪れる際には、現地ガイドツアーの利用をお勧めします。ガイドツアーでは、製糸場の設立経緯や建築様式の解説、当時の製糸工程のデモンストレーションなどを詳しく知ることができます。また、工場内部の見学では、繰糸機や染色設備など、当時使用されていた機械を間近で見ることができます​ 。

さらに、富岡製糸場の周辺には、関連する遺産群として田島弥平旧宅や高山社跡などがあります。これらの施設も訪れることで、富岡製糸場が果たした役割と、日本の絹産業の発展過程をより深く理解することができます。現地ガイドは、それぞれの遺産の歴史や文化的意義を詳しく説明してくれるため、訪問者にとって非常に有益です​。

東武ワールドスクウェアで体験する世界の文化遺産

東武ワールドスクウェアの魅力とは

東武ワールドスクウェアは、栃木県日光市に位置するテーマパークで、世界各国の有名建築物を1/25のスケールで再現しています。このテーマパークは1993年に開業し、現在までに約100以上の世界的な建築物を展示しています。訪問者は、一日で世界中の文化遺産を巡ることができる貴重な体験ができ、建築物だけでなく、その周囲の風景や人々の生活様子まで精巧に再現されているのが特徴です​ ​。

東武ワールドスクウェアの魅力の一つは、その精緻な模型です。例えば、エジプトのピラミッドやパリのエッフェル塔、ニューヨークの自由の女神像など、世界中の象徴的な建物を実際に訪れたかのように感じることができます。また、四季折々の自然の美しさと相まって、訪問者は一年を通して様々な風景を楽しむことができます。

東武ワールドスクウェアの東西の入口(AI生成のため正確なイラストではありません。イメージとして捉えてください)

東武ワールドスクウェアで見られる世界の建築物

東武ワールドスクウェアでは、以下のような世界的に有名な建築物を見ることができます:

  1. エジプトのピラミッド:古代エジプトの象徴であるギザのピラミッドが再現されており、そのスケール感を体感できます。
  2. パリのエッフェル塔:フランスの象徴ともいえるエッフェル塔が精密に再現されています。
  3. ニューヨークの自由の女神像:アメリカのシンボルである自由の女神像も展示されており、そのディテールは見事です。
  4. 中国の万里の長城:広大な万里の長城の一部も展示され、訪問者はその壮大さを感じることができます。
  5. 日本の姫路城:日本国内の文化遺産として、白鷺城とも称される姫路城が美しく再現されています。

これらの建築物は、各国の歴史と文化を深く理解するための教材としても非常に役立ちます。また、模型の周囲にはその地域の風景や住民の生活が細かく再現されており、建築物だけでなくその背景となる文化も学ぶことができます。

家族で楽しむ東武ワールドスクウェアのおすすめルート

家族で東武ワールドスクウェアを訪れる際には、以下のルートをお勧めします:

  1. エントランスゾーン:入場後、まずはエントランスゾーンで地図を手に入れましょう。ここから世界の旅が始まります。
  2. アメリカゾーン:自由の女神像やホワイトハウスを見学し、アメリカの歴史と文化に触れます。
  3. ヨーロッパゾーン:エッフェル塔やピサの斜塔など、ヨーロッパの名所を巡ります。特に、パリの風景は見どころ満載です。
  4. エジプトゾーン:ピラミッドやスフィンクスを見学し、古代エジプトの神秘に触れます。
  5. アジアゾーン:万里の長城やアンコールワットを巡り、アジアの多様な文化と歴史を感じます。
  6. 日本ゾーン:姫路城や金閣寺など、日本の歴史的建築物を見学します。ここでは日本の伝統文化に触れることができます。

各ゾーンでは、詳細な説明パネルが設置されており、建築物の歴史や文化背景を学ぶことができます。また、家族で記念撮影を楽しんだり、飲食施設で各国の料理を楽しんだりすることもおすすめです。特に子供たちは、世界のミニチュアを見ながら学ぶことで、異文化理解が深まることでしょう​ (世界遺産マニア |)​​ (満ちたび|国内旅行おすすめ観光ガイド)​​ (JRE Travel)​。

東武ワールドスクウェアで家族が楽しむ様子(AI生成のため正確なイラストではありません。イメージとして捉えてください)

関東の世界遺産を巡る旅行プラン

日光と富岡を巡る1泊2日のおすすめ旅行プラン

1日目:

  • 午前: 東京から日光へ移動(電車で約2時間)。日光到着後、まずは日光東照宮を訪れます。東照宮の荘厳な建築と彫刻をじっくり見学しましょう。特に、陽明門や五重塔は見逃せません。
  • 昼食: 東照宮近くのレストランで、地元の食材を使った和食を楽しみます。
  • 午後: 日光二荒山神社と日光山輪王寺を見学します。二荒山神社の豊かな自然と輪王寺の静かな雰囲気を堪能しましょう。
  • 夕方: 東武日光駅周辺で宿泊。温泉旅館に宿泊し、日光の温泉で疲れを癒します。

2日目:

  • 午前: 朝食後、日光から富岡へ移動(電車で約3時間)。
  • 昼食: 富岡市内でランチ。富岡製糸場周辺には、地元のグルメを楽しめるお店があります。
  • 午後: 富岡製糸場と絹産業遺産群を見学。富岡製糸場の歴史的背景や建築様式を学び、実際の生糸製造工程を見学します。また、田島弥平旧宅や高山社跡も訪れ、絹産業の発展に触れます。
  • 夕方: 富岡から東京へ帰路(電車で約2時間半)。

見逃せない!関東の世界遺産周辺の観光スポット

  • 日光東照宮周辺: 華厳の滝や中禅寺湖は、自然美が楽しめるスポットです。また、日光江戸村では、江戸時代の日本の雰囲気を味わうことができます。
  • 富岡製糸場周辺: 群馬サファリパークやこんにゃくパークなど、家族連れに人気の観光地が点在しています。また、碓氷峠鉄道文化むらで鉄道の歴史を学ぶのもおすすめです。

関東の世界遺産と東武ワールドスクウェアの組み合わせプラン

1日目:

  • 午前: 東京から日光へ移動。日光東照宮を見学し、周辺の社寺も訪れます。
  • 午後: 東武ワールドスクウェアへ移動し、世界各国の建築物を見学。家族で楽しむことができ、写真撮影スポットも豊富です。
  • 夕方: 東武ワールドスクウェア近くのホテルに宿泊。

2日目:

  • 午前: 朝食後、富岡へ移動。富岡製糸場と絹産業遺産群を見学します。
  • 午後: 富岡市内で昼食後、田島弥平旧宅や高山社跡を訪れ、絹産業の歴史を学びます。
  • 夕方: 東京へ帰路。

栃木県と群馬県の世界遺産を示す地図(AI生成のため正確なイラストではありません。イメージとして捉えてください)

日光東照宮と富岡製糸場の共通点と違い

江戸時代と明治時代の文化遺産の違い

日光東照宮は江戸時代初期に建設され、初代将軍徳川家康を祀る神社として、日本の政治と宗教の中心となりました。一方、富岡製糸場は明治時代に設立され、日本の産業革命を象徴する工場です。江戸時代の東照宮は宗教的・政治的な意義を持ち、明治時代の富岡製糸場は産業と経済の発展を象徴しています​。

日光東照宮と富岡製糸場の建築技術の比較

日光東照宮は、豪華な彫刻や彩色が施された「権現造り」という日本伝統の建築様式を持ちます。動物や神々の彫刻が随所に見られ、その豪華さと芸術性が特徴です。一方、富岡製糸場は、フランス人技師の指導のもと、木骨レンガ造りという和洋折衷の建築様式が採用されています。耐火性と耐久性を兼ね備えた実用的な構造が特徴です​​。

両方の遺産が語る日本の歴史と文化

日光東照宮は、徳川幕府の権威と江戸時代の宗教的・政治的な中心地としての役割を果たしました。訪れる人々に日本の伝統的な美と信仰の深さを伝えます。一方、富岡製糸場は、明治時代の産業革命を象徴し、日本が近代国家として歩み始める過程を示しています。両方の遺産は、それぞれの時代における日本の重要な歴史的転換点を物語っています​ ​。

世界遺産検定の例題

Q1. 空欄にあてはまる語句として、正しいものはどれでしょうか。(世界遺産検定4級)

富岡製糸場の工場は、和洋折衷の( )の様式が取り入れられている。

1.書院造
2.木骨レンガ造
3.鉄筋コンクリート造
4.組積造

答え:(2) 木骨レンガ造

Q2.『日光の社寺』に含まれる建造物はどれか。(世界遺産検定4級)

 

1.中尊寺
2.東照宮
3.平等院
4.東大寺

答え:(2) 東照宮

 

Q3.次の文章を読んで、以下の問い合わせに答えなさい。(世界遺産検定3級)

イタリアの「ローマの歴史地区」は、(a)「ローマ時代を代表する」世界遺産である。写真の建物で
はローマ市民への娯楽として、剣闘士同士の戦いや、剣闘士と猛獣の格闘など、残酷な見世物
が行われていた。
(a)「ローマ時代を代表する」について、ローマの歴史地区と同じく、日本のある時代を代表し、唐
の影響を受けた国際色豊かな天平文化が花開いた都市にある遺産として、正しいものはどれ
か。

1. 古都奈良の文化財
2. 日光の社寺
3. 琉球王国のグスク及び関連遺産群
4. 古都京都の文化財

答え:(1) 古都奈良の文化財

 

安定した時代では、芸術性や哲学的な文化が成熟しやすく、歴史の転換期には革新的な文化が現れやすいとされています。
戦乱が耐えなかった戦国時代から、徳川幕府による新しい時代に変わった江戸時代初期。
海外との交流に揉まれながら、世界に乗り遅れないように工夫した明治時代。

日光の社寺、富岡製糸場と絹産業遺産群は近代日本に起こった変化を現代に語り継いでくれて
いました。

栃木の世界遺産は何個?まとめ

  • 栃木県の世界遺産は1つ、日光の社寺
  • 日光の社寺には東照宮、二荒山神社、輪王寺が含まれる
  • 日光東照宮は初代将軍徳川家康を祀る神社である
  • 日光東照宮は1999年に世界遺産に登録された
  • 東武ワールドスクウェアは栃木県日光市にあるテーマパーク
  • 東武ワールドスクウェアには世界の有名建築物が1/25のスケールで再現されている
  • 東武ワールドスクウェアは1993年に開業した
  • 世界遺産と東武ワールドスクウェアを1日で巡ることが可能
  • 日光東照宮の建築様式は豪華な「権現造り」である
  • 富岡製糸場は明治時代に建設された日本初の機械製糸工場
  • 富岡製糸場は2014年に世界遺産に登録された
  • 富岡製糸場の建築様式は木骨レンガ造りである
  • 関東の世界遺産巡りは1泊2日の旅行プランが便利
  • 東武ワールドスクウェアではエッフェル塔や自由の女神像などが見られる
  • 日光東照宮と富岡製糸場はそれぞれ江戸時代と明治時代の文化を象徴する
タイトルとURLをコピーしました